あふろぐ

マネから始めるミニマリスト生活 略して マネリストライフ。北欧ライフスタイルに憧れつつも、断捨離&ミニマリストに傾倒する物欲の鬼。基本ずぼら。動物アレルギーの旦那と息子2人。将来の夢は猫と暮らすこと。

能登半島だしと醤油とセラーメイト【片付け術】【石川県】

 

先月コンビニでパラパラと立ち読みして「ちょっと欲しいかも」と思っていたら既に遅し。雑誌「クロワッサン」の2月10日特大号【お金を使いすぎない家計のつくり方】もう店頭から消えていました。

 

http://ecx.images-amazon.com/images/I/81ML%2BzNth1L._SL1500_.jpg

www.amazon.co.jp

Kindle欲しいーーーーーーー!

 

何が良かったかというと、小説家小川糸さんのご自宅と驚きのシンプルライフが特集されていたのです。小川さんと言えば「食堂かたつむり」がベストセラー。家族のあり方や「食」をテーマにした、のどかな作品が多い印象です。

 

小川糸さんのブログ→ 糸通信

matome.naver.jp

 

小川さんイチオシの 能登のだしつゆ が紹介されていて、後日ど~しても商品名が思い出せなかったのですが、ぐーぐる様の力を借りると出てきました。

 

能登半島 鳥居醤油店(とりいしょうゆてん)さん

http://img21.shop-pro.jp/PA01336/211/etc/DSC_8587.jpg?cmsp_timestamp=20540522

出典:能登 七尾一本杉通り 鳥居醤油店

なんてステキな店構えなんでしょうか。ウェブサイトもシンプルで見やすい。

 

■気になる商品はこちら

toriishouyu.shop-pro.jp

toriishouyu.shop-pro.jp

 

■ピピッと反応された方も

雑誌クロワッサンで、作家・小川 糸さんが「シンプルだが深い味わいの料理に。」と、紹介していた能登半島の鳥居醤油店の「だしつゆ」と「木樽天然仕込醤油」。どちらも伝統製法でつくられ た調味料で「だしつゆ」は淡口醤油をベースに、かつおや昆布、椎茸を使った濃縮タイプのもので、和だしで割ると極上のつゆになるという。手近な調味料を 使ってぴたりと味を決める!なんて域に達していない私にとってこれは助かる(笑)

出典:心地よい暮らし

 

小川さんのおすすめポイントが非常~にわかりやすい!ブログにまとめてくださるとは…ありがたやありがたや…

 

さらに小川さんは、だしと醤油をセラーメイトのワンプッシュ便利瓶に移し変え、冷蔵庫保存されていたのです。我が家は醤油を外に出しっぱなし(常温保存)なので、ちゃんと冷蔵庫に入れないとなあ~と、このやり方も気になってました。

 

 

■セラーメイト愛用者多っ

ameblo.jp

ameblo.jp

冷蔵庫のドアポケットには : IEbiyori

冷蔵庫のドアポケット&最近のお買い物 | *Little Home*

 

お片付けが趣味の方々の間では、セラーメイトは常識のようでした。

 

 

キッコーマンさんの生しょうゆは新鮮で美味しいけど、ちょっと割高な気もするのです…450mlで280円くらい?もうひとつ別メーカーの昆布だしがあるのですが、原材料にステビアが入っていて旦那さんがやけに気にしていました(私は特に気にしてませんが)


次は鳥居さんからお取り寄せしてみたいと思います♪

http://img21.shop-pro.jp/PA01336/211/etc/DSC045292.jpg?cmsp_timestamp=2115

出典:能登 七尾一本杉通り 鳥居醤油店

鳥居醤油店  〒926-0806 石川県七尾市一本杉町29

 

広告を非表示にする