あふろぐ

マネから始めるミニマリスト生活 略して マネリストライフ。北欧ライフスタイルに憧れつつも、断捨離&ミニマリストに傾倒する物欲の鬼。基本ずぼら。動物アレルギーの旦那と息子2人。将来の夢は猫と暮らすこと。

家庭菜園初心者におすすめ野菜3種!収穫祭りだぞ★

お題「マイブーム」

いやあ暑い。今ほど畑から戻りましてブログを書いています。

▼40歳から始めた家庭菜園の記事です

家庭菜園近況報告 冬野菜のための土作り始めるぞ! - あふろぐ

きゅうりの巨大化が心配なので、2日1回は覗くようにしています。地植えなので水やりを忘れてもすぐ枯れる事はありません。


[ 簡単な自己紹介 ] 私は去年亡くなったおばあちゃんの畑を継ぎ、40歳から家庭菜園を始めました。ド素人同然ですがそれでも何とか継続できています。

今日は初心者におすすめの野菜の紹介をしますね。

今日した事

フリルレタスを終了させました。

f:id:afugoro:20170805103316j:plain

苦みやクセがない種類だったのでお弁当やサラダに重宝たフリルレタス。
葉が拡がるタイプのレタスは採っても採っても次々と葉が出てくるので、家庭菜園初心者におすすめの野菜です。病虫害にも強いです!

f:id:afugoro:20170805103354j:plain巨大化し、葉にハリが無くなってきたので抜くことに。
軸を見てください。めちゃくちゃ太くなっています。ここから地中の水分を吸い上げ、巨大化しました。脱帽です…

食べられそうな葉をちぎって残りは雑草を積み上げてある山に投棄。乾燥させてから肥料にします。

スポンサーリンク

 

とうがらしのチェック

とうがらし(種類忘れた)は5月に定植して、9月頃に青ゆずでゆずコショウを作る計画でした。それまでは青いままでいて欲しかったのですが…

f:id:afugoro:20170805103921j:plain赤くなってる!!!

まあ…仕方ありません… こやつらは乾燥させるとします。

 

f:id:afugoro:20170805104005j:plain上の方は青いままでした。花も咲いているのであと数本は実になりそう。

とうがらしは育てやすい!

このとうがらしは、病虫害もなくすくすく育ちました。隣に植えた茄子の追肥に便乗したのかかなり大きく成長。ほぼ放置なので家庭菜園初心者におすすめです。赤くなれば乾燥させて、ペペロンチーノ等のレシピにも活躍するでしょう。

来年は京野菜の「万願寺とうがらし」を育ててみようかな?
見た目ピーマンぽさがあるので、ピーマン用の肥料でも良いかもしれません。…といった具合にかなりざっくりとした栽培をしています。

 

枝豆の収穫

f:id:afugoro:20170805104408j:plainズッキーニ君のお隣の枝豆三連星を見ると、中身がカチカチになっていたので食べ頃と判断。収穫することにしました。

4月に知合いの農家さんから10粒ほどの豆をもらい、育苗ポットに植え、出たきた芽4本を地植え → 1本が枯れ、残りの3本がここまで大きくなったのです!
いわば枝豆精鋭部隊とも言えます。

葉にポツポツ虫食いの穴がありましたが、実の方は特に被害はなさそうでした。

f:id:afugoro:20170805104634j:plain実がぎっしりと詰まっています!うひょひょ!

育てるポイントとしては、実が地面につかないように支柱でまっすぐ支えてあげる事ぐらいですかね。途中、実が入らなくて心配になってもそのまま見守ります。
約3カ月でここまで育つことができました。これも初心者向け。

ただ根気が必要なんですね。

スポンサーリンク

 

さっそく茹でてみた

私、ここでまず失敗しています。美味しい枝豆の茹で方を先に調べれば良かったー!激しく後悔…!

ざっくりとした枝豆の美味しい茹で方紹介

  1. 茹でる前に塩もみし細かい産毛を取る
  2. 塩のついたまま茹でる
  3. 茹であがり後、流水にさらさずウチワで扇いで冷ます

f:id:afugoro:20170805105434j:plain1はできませんでしたが、塩茹でし扇子をパタパタして冷ましましたよ。

 

そして実食…

 

うまいーーーー!!!!

枝豆ってこんな甘かったっけ…!?

ってぐらい豆の甘みがある… 塩分が少なめだったのであっさり味になっていました。枝豆本来の味が生きている…と言うと格好良いですが、雑な茹で方が100%枝豆に助けられた感じがします。

 

食レポへたですみません…

黄色い枝豆は枯れたのではなく完熟?したのだと思われます。中身は大豆のような色になっていましたがちゃんと美味しかったです。


いかがでしたか?
フリルレタス、とうがらし、枝豆は水やり程度で充分楽しめます。枝豆は収穫の楽しみがあるしレタスは葉物が高騰している時期にかなり助かりました。
とうがらしは乾燥させれば保存も効きます。

次回は気になるズッキーニ君について語ろうと思います♪ ありがとうございました。

 

みんなで育てて、みんなで食べる【シェア畑】