あふろぐ

マネから始めるミニマリスト生活 略して マネリストライフ。北欧ライフスタイルに憧れつつも、断捨離&ミニマリストに傾倒する物欲の鬼。基本ずぼら。動物アレルギーの旦那と息子2人。将来の夢は猫と暮らすこと。

査定0円の車がまさかの… ネットで車買取一括査定をしてみた【結果報告】

f:id:afugoro:20160713102423j:plain

今日は 車買取一括査定 の結果報告をします。自家用車をお持ちでない方には関係ないと思いますが、ネットからの一括査定とはこんな感じだよ、というのが伝わればいいなと思って書きました。

車買取一括査定の申込方法

ネットで適当に「車買取査定します」「愛車買取ます」などのバナー広告を見つけたらさっそく申込フォームに必要事項を記入してみよう。
ハピタスのようなポイントサイト経由だとポイントバックが付いたりしてお得なので、うまく活用するのも手です。

スポンサー広告
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

車検証を見ながらがスムーズ

一括査定申込フォームには、車のメーカー車種型式など細かく記入しないといけません。
特に、初度登録年月は必須項目です。年数が経つと車はいつ購入したか曖昧な人も多いと思います。車検証に記載してあるので、確認してください。私はうろ覚えで適当に入力しましたが、あとから電話で訂正しました。
 

申し込んだ後どうなるのか

申し込んでしばらく静かでした。
この間、私のデータが運営サイトから各業者に回ったのだと思われます。
ある日、こうなりました。
 
f:id:afugoro:20160713083403j:image
 
2日間、朝から夕方まで引っ切り無しでした。これだけ着信があるのは私が仕事中で電話を取れなかったためです。
一度、電話に出て夕方折り返して対応。
業者はこちらの都合などお構いなしに一斉に電話をかけてきます(悪口じゃないよ)

どんな話をするの?

電話に出るとお客さま窓口のオペレーターらしき人が、簡単なヒアリングをします。おおよそこんな感じ。
  • メーカー・車種
  • 初度登録年月
  • 走行距離
  • 車検年度の確認
  • 修復歴があるかどうか
  • 下取りと買取りのどちらを希望か

この後は、自宅から近い店舗を紹介されて来店日時を決めていきます。水曜が定休日のところが多かったです。

 

とりあえず、仕事帰りに寄ってみることにしました。

スポンサー広告

1件目行ってみた

まずは全国展開している大手中古車買取業者「B社」。こちら1番手で電話をかけてきたお店で、担当者の印象が良かったので。

結果

哀しみの0円査定(笑)

この後、他の業者さんと話す中で気づいたのだけど、中古車業者はもちろん中古車の販売もしているわけで、買取りよりは下取り~購入に繋げる営業をするのがマニュアルのはずが、わずか無料ドリンクを飲む間にちゃっちゃと査定が終わってしまったのでした。

店員さん、もうちょっとねばらないと!

2件目 電話で断る

次も大手さんでしたが、1件目で査定0円だった旨告げ断ると「(車を査定するのに)チェックする個所はだいたいうちも同じなんで、そういう条件なら値段つけられないかもですねえ」みたいな事を言ってきた。

あっさり引き下がったので、意表をつかれました。

3件目 電話で断る

1件目、2件目の出来事を話しお断りすると「うちでしたら0円にはしません。3,000~5,000円は出せますよ(ニッコリ」と好感触。ちょっとお金になると聞いて一瞬テンションはあがったものの「急がないので」と言うと「手放す時にぜひうちにお願いします」無理な来店勧誘もなく、電話を切りました。

一括査定見積もりの電話が多くて困っている際は、届いたメールから「もういいです」と連絡を入れると、それ以上連絡が来なくなるそうです。

良いことを聞きました。ありがとう。

4件目 QUOカードにつられ来店

1件目、2件目、3件目の出来事を話しお断りすると「うちでしたら1万は出します。さらに来店していただくと500円分のQUOカードもお付けします!どや!」みたいな元気いっぱいの営業トークにまんまとひかかってしまいました。そして後日来店。

買取なら1万、下取りなら5万出しますよ~!中古車買ってくれたら1年保証でオイル交換もぜんぶうちでやりますよ!と言われました。

ボロい愛車を時間をかけてじっくり査定してくれて嬉しかったです。

スポンサー広告

車買取一括査定をしてみた感想

申込み直後の電話ラッシュに最初はひるみますが、電話で話した印象で3、4社のうち2社ぐらいに絞って来店してみるのがオススメです。

熱心な担当さんは、少しでも高く見積もろうと頑張ってくださいますし、売った後のことまで考えて最適な提案をしてくれます。

ハッキリお断りしても無理な勧誘はありませんでした。

他ディーラーに勤めた経験のある人、自身も車・バイクが好きでとにかく詳しい担当さんにあたると、話もスムーズで特に4件目のお店はすぐにでも車を買い替えたくなりました。買い替えの場合、かかる費用や税金についても細かく教えてくれます。
 

で、結局売るのか売らないのか

家族と話合って売らないことになりました。走行距離19万キロオーバーのボロ車ですが、まだまだ走るということで、買い替えは急がなくてもいいんじゃないか。という旦那の鶴の一声です。残念ですが辛抱して継続します。
 

少しでも高く買い取ってもらうために

いろいろ話を聞く中でわかったことがあります。
古くても走行距離が少ない方がいい!
10万キロ未満、15万キロ未満で1度買い替えのタイミングが来ます。
車はメンテナンスをしっかりすることで長持ちします。相当距離を走ってから乗り潰す人も多いようですが、その後も長く車生活を続けていく場合、3年後、5年後の家族の形態を予測して買い換えていくのが賢い選択かもしれませんね。
参考にしていただければ、と思います!