あふろぐ

マネから始めるミニマリスト生活 略して マネリストライフ。北欧ライフスタイルに憧れつつも、断捨離&ミニマリストに傾倒する物欲の鬼。基本ずぼら。動物アレルギーの旦那と息子2人。将来の夢は猫と暮らすこと。

体験談 喉からくる風邪対策にはコレが効く

お題「健康」

f:id:afugoro:20171121112411j:plain

今日は健康について

10月末に数年ぶりに高熱でダウンし、健康のありがたさを嫌というほど思い知らされました。若い頃は多少無茶をしても重症化する事はなかったのに。

一晩暖かくして寝れば…1日安静にしていれば回復するだろう、というレベルではなく扁桃腺とリンパが腫れ10日も抗生剤を飲み続けるはめに。もうこりごりや~

酷くなる前にはいろいろ身体の変調がありました。

  • 何となく、体調がおかしい
  • 喉が少し痛い気がする
  • 喉の閉塞感
  • 首の痛み、肩こり
  • 微熱が続く

この時点で既に風邪症状出ています。

おそらく、これより少し前に何かしら身体のSOSがあったはずでした。
疲れやすくなった、食欲が落ちた…

いわゆる、東洋医学でいう「未病」段階で早めに手を打つこと、何より健康を維持することが大切だと今更ですが反省しています。

 

年末年始風邪で寝込む、なんてことがないように自身の健康に注意してみてください。ちなみに「未病」については養命酒さんのサイトで未病チェックできます。いくつ当てはまるかやってみてね → 不調の原因(養命酒製造株式会社)

 

喉がイガイガする原因は意外にも…

あまりに喉が痛いので駆け込んだ耳鼻科。既に抗生剤は飲んでいたので点鼻薬(ナゾネックス)を処方してもらいました。

えー!何で鼻の薬??と思ったら元々の原因は鼻にあるとのこと。

 

↓ つまり…

  1. 花粉症、アレルギー等で鼻が詰まる
  2. 無意識に口呼吸、ドライマウス状態に
  3. 唾液の分泌が減り、口内環境が悪化
  4. ウイルスや菌をもろに喉で受け止める
  5. 悪化

 

睡眠中、いびきをかく人は要注意!(私もいびきかきます)
鼻だけでは呼吸が追いつかず、口呼吸になっている可能性大です。

 

花粉症や、秋以降増えるダニアレルギー、ほこりアレルギーでもよくあるよ~と優しい耳鼻科の先生がおっしゃっていました。鼻水を顕微鏡で覗くと… 赤いアレルギーの粒が… 詳しいアレルギー検査をすれば一体何のアレルギーなのか調べることができます。

 

現在は1日1回噴射のナゾネックス点鼻薬とうがい用のアズノールうがい液を毎日しています。アズノールとリステリンを併用して、うがいは頻繁にするようになりました。

 

対策として就寝時の鼻呼吸をサポートするために、鼻腔拡張アイテムを使用。

鼻スッキリ O2アップ R レギュラー
鼻スッキリ O2アップ R レギュラー サイズ 驚くほど鼻スッキリ O2 アップ リニューアル いびき 鼻づまり 集中力 鼻呼吸 鼻 呼吸 スッキリ すっきり 鼾 対策 FM

 

そして、マスク、首にタオルやネックウォーマーを装着して寝ています。


意識して鼻呼吸を心がけ、喉に優しい食生活に変えました。今のところ調子は良いです。オフィスの暖房はフィルタが怪しいので、日中もマスクマン生活。

ずっとマスクができない環境の人は、暖かい飲み物を飲んだり飴を舐めたり、ちょっと気をつけるだけでも未病対策になるのでは。

 

アズレンスルホナン入りのおすすめのどスプレー

私が耳鼻科で処方してもらったアズノールうがい液は、アズレンスルホナンの原液で、これと同じ成分が入ったのどスプレーがドラッグストアで売っています。

 

f:id:afugoro:20171121112037j:plain

左:ドラッグストアで購入「のどスプレーパープルショットW」第3類医薬品なので、薬剤師さん不要で購入可能。 
中/右:耳鼻科で処方してもらった薬

 

白金製薬さんのパープルショットW

小林製薬さんの「のどぬ~るスプレー」の成分はヨウ素なので、アズレンスルホナンは入っていません。より病院の薬に近いものを選ぶとしたら、パープルショットWはおすすめです。抗炎症作用があるので、痛みの出始めに効果があります。

○ 薬剤師の方が詳しく記したアズノールの説明記事

3分で分かる!イソジンとアズノールの違い【うがい薬】 | EPARKくすりの窓口コラム

 

まとめ

喉が痛いよーというフォロワーさんを見かけることが増えてきたので、私の経験談からおすすめの対処法をご紹介しました。今回は食生活について触れていませんが、もちろん身体を温める食事、免疫を高める食材も重要ですよね。

インフルエンザの流行も兆しを見せています。

  • 鼻呼吸を心がけよう。鼻が詰まっている人は改善しよう
  • 寝る時はマスク、首を温めよう
  • うがいを習慣化しよう

すでに風邪をひいてしまった人はどうぞお大事に!