読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あふろぐ

マネから始めるミニマリスト生活 略して マネリストライフ。北欧ライフスタイルに憧れつつも、断捨離&ミニマリストに傾倒する物欲の鬼。基本ずぼら。動物アレルギーの旦那と息子2人。将来の夢は猫と暮らすこと。

りぼんふろく展 in 東京!想い出のりぼん付録 - 萩岩睦美先生 #りぼん #りぼんっ子

LOVE

今年に入ってから東京スカイツリーで「250万乙女のときめき回廊」が開催していることを知らなかったあふです。

[ 会期:2017 1/9~3/31 ]  250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE | 東京スカイツリー TOKYO SKYTREE

東京スカイツリー行った事ないし、どうせ行くならイベント期間中に上京したいな~と思うのですが

さらに心くすぐるイベントが開催されると知りました。それは…

[ 会期:2017 2/18~6/4 米沢嘉博記念図書館|LOVE りぼん FUROKU 250万乙女集合 りぼんのふろく展

米沢嘉博記念図書館 ってどこ?聞いたことないと思えば、なんとそこは明治大学!事情を知らないものだから、明治大学と言われてもピンとこない。

なにゆえ明治大学。

サイトを見ると 「米沢嘉博記念図書館」は、明治大学付属のまんがとサブカルチャーの専門図書館。所蔵資料は約14万冊 とある。知らなかった~。

サブカルチャーと縁の深い大学だったんだね。

コミケの創立メンバー、米沢嘉博さんの名前がつく図書館で「りぼんのふろく展」は開催されるようです。※米沢さんも初めて知った。

京都国際マンガミュージアムから東京に場所を移しての展示。
なぜかりぼんの公式サイトの新着に出てないのですが、今週末からなのに載せなくていいのー?集英社さん!

4期にわたって展示される原画が入れ替わるみたいなので、期間中4回は行けますね!

アクセス 明治大学 米沢嘉博記念図書館
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町1丁目7−1 GoogleMAP 
休刊日:火・水・木曜(祝日の場合は開館)
★特別整理で休刊する場合があるので、サイトで事前確認してください★
公式サイトはこちら

[ PR ]
みどりの窓口に並ばなくても、新幹線の特急券・乗車券が購入できるシナジーチケット

米沢嘉博記念図書館のある猿楽町1丁目でランチするなら

  1. BURGERS CAFE GRILL FUKUYOSHI
    (大人のハンバーガー)
  2. Muusa(自家製ガレット)
  3. 神田 勝本(魚介系のつけそば)

大学のそばなら美味しいお店いっぱいありそう。

話は戻すと、オープンの18日はトークイベントもあるそうなので、関東在住のりぼんっ子は行ってみてはいかがでしょうか。

明治大学の公式イベントページはこちら
→ 
米沢嘉博記念図書館|LOVE りぼん FUROKU 250万乙女集合 りぼんのふろく展

りぼんの付録 熱い想い…

さてさて、東京スカイツリーのりぼんのページを見てると、あれ?っと気づいたことが。

姫ちゃんのりぼん じゃなくて ポニーテール白書(または、空色のメロディ)じゃない?浦川まさる先生、きたうら克巳先生、佐々木潤子先生はいずこ~。
紹介されている作品群が、わたしが思い出すものより新しい!と。

でも、ああ懐かしい…

嫁入り道具のりぼん付録

わたしの今も大切にしているりぼんの付録をちょろっと公開しますー
大好きな大好きな大好きな大好きな大好きな

萩岩睦美先生の「パールガーデン」という作品の付録です。

f:id:afugoro:20170214172000j:plain

かわいいーーーーーーーーーーーーーーー!!!

「パールガーデン」の主人公、ピアが正面で振り向いています。ピアは人魚なんですね。可愛いです。めっちゃ天使です。

f:id:afugoro:20170214172232j:plain

裏と側面はこんな感じ。

表は洗濯シーン、裏は洗濯物をひつじが盗んで行くという夢のような設定です。ピアがせっかくアイロンをかけようとしているのに…

側面には男の子の服と、反対には女の子の服のイラストが…
登場人物のマルコのものでしょうか。

どれもこれも愛くるしい。

このピアが頭についてるリボンというかヘアバンドというか、漫画の本編でもちらっと出てくるのですが、子ども心にフワフワヘアーに憧れたものです。

底面に 昭和60年7月号 とあります。

わたしにとってピアは憧れの女の子でした

f:id:afugoro:20170214172647j:plain

萩岩先生の絵の特徴というか、この書き込みの少ない瞳と吸い込まれそうな濃いブルー。シンプルなハイライト。柔らかなタッチの線。

すべてが憧れで模写したり、水彩塗りをまねてみたり、ホルベインインク買ったり、イギリス好きになったり。周りの同級生は「ときめきトゥナイト」が好きな子は多かったけど、萩岩先生の作品は短編や前編・後編で簡潔するストールも多くて、何度も何度も繰り返し読み返すことが多かったです。

実はこの紙バッグは大人になってからヤフオクで落としたものです。
小学校の時に、どうしても手に入れられなかったのをずっと引きずっていて、たまたまヤフオクで見かけて手に入れたのでした。

どうして手に入れられなかったかというと、小学生当時、なかよしも買っていて、たまたまりぼんの7月号を買いそびれた時の付録だったんでしょうね~

学校で持っている同級生を見かけては、羨望のまなざしで見つめていたので。

それにしても、ほぼ新品な状態でヤフオクに出品してくださった方には改めて感謝申し上げまする。落札したのも16、7年前の話だけど、それ以来ずっと大切に持っています。

ファーストりぼんコミックス作品

 

f:id:afugoro:20170214173119j:plain

はるか昔すぎて、お小遣いで買ったのか、親に買ってもらったのかすら記憶ありません… が、最初に買ったりぼんの単行本は萩岩睦美先生の「パールガーデン」です。それ以来、一人暮らしする時も、結婚して嫁いだ先にも必ず萩岩先生の漫画だけは、持ってきている…それくらい好きなんですね。

ああ、この感動を誰かとわかちあいたい~

(前編)は初版でした

f:id:afugoro:20170214173346j:plain

1985年です。はるか昔に感じます。

(後編)は第3版

f:id:afugoro:20170214173423j:plain

前編・後編合わせて買っているはずなので、おそらく1988年か1989年ごろ。

そんな感じです。

他にも本田恵子先生の紙バッグなどもあるのですが、今日は萩岩先生の付録を紹介しました。

萩岩睦美先生は、現在はツイッターもされていますので、たま~に「銀曜日のおとぎばなし」(これもめたくそ好き)の原画などアップされている時は、ひとりで悶絶しています。今も漫画を描き続けていらっしゃる。本当に尊敬します。

長くなりましたが、思いの丈をつづりました。

は~。。

肝心の「パールガーデン」のストーリーについては、ぜひ漫画を購入して読んでいただきたいので、ちらっと。

人間の父親をさがすため人魚の国を旅立ったピアには、数々の冒険で出会いが待っていた…。睦っちゃんのロマンチック・ファンタジーの傑作!!

おすすめです。


萩岩睦美先生の作品  愛蔵版も出ております!

愛蔵版 パールガーデン

愛蔵版 パールガーデン

 
愛蔵版 萩岩睦美短編集 魔法の砂糖菓子

愛蔵版 萩岩睦美短編集 魔法の砂糖菓子