あふろぐ

マネから始めるミニマリスト生活 略して マネリストライフ。北欧ライフスタイルに憧れつつも、断捨離&ミニマリストに傾倒する物欲の鬼。基本ずぼら。動物アレルギーの旦那と息子2人。将来の夢は猫と暮らすこと。

遠赤効果!カンタン炉端焼きの味になる ゼオライトで魚を焼いてみた。

お題「マイブーム」

 最近はブログより先にTwitterで報告をして気が済んでしまう事が多かったので、今日はしっかりと文をしたためたいと思います!

ちなみに…オンラインショップ開業記事の連載の後、SNS(TwitterとInstagram)で配信を始めました。その後の進展はありません。

最近はまっていること

  • ハンドメイド(レジン、デコパージュ、プラ板)
  • 週末燻製

日常的にPCに向かう生活をしているので、ストレスが溜まるとアナログな事が無性にしたくなります。過去にはデコ、消しゴムハンコ、アロマ… とうとうレジンに手を出してしまいました。空いた時間にチマチマと工作するのが好きで、今は試作品作りに夢中です。人様に自信を持って見せられる段階まで行ければ、ブログでも紹介したいと思っています。

あと「週末燻製」というのは、義弟の結婚式の引出物で「CAPTAIN STAG」の折りたたみスモーカーをもらったので、自宅(室内)で燻製LIFEを楽しんでいます。

使用しているのはコレ▼

キャプテンスタッグ バーベキュー BBQ用 燻製器 アドバンス折りたたみスモーカー スモーク対応M-6547

キャプテンスタッグ バーベキュー BBQ用 燻製器 アドバンス折りたたみスモーカー スモーク対応M-6547

 

教科書は漫画▼

いぶり暮らしレシピブック

いぶり暮らしレシピブック

 

スモーカーとカセットコンロさせあれば、何を燻しても美味しく食べられます。我が家はオール電化なのでどうしてもカセットコンロは必要。キッチンの換気扇の下でセッティングします。とっても簡単!

仕込みの時間のかかるベーコンや叉焼はもちろん、ポテチ、ゆで卵、餅なんかも試してみたり、週末の家族の楽しみになっています。これもおいおいブログにも書こうかな、と思っているネタです。

 

 

早く出会いたかった!このアイテム

話は唐突に変わって、昨晩、魚焼きグリルでアジを焼きました。グリルに仕込んでおいた「新・魚焼の達人」の効果を実感したのでご報告です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゼオライト化成 ゼオライト化成 新魚焼の達人 600g 4973374887026
価格:219円(税込、送料別) (2017/1/27時点)

これね。Amazonで売っていません。類似品はあるかもしれませんが、楽天では600g入りの「新・魚焼の達人」しか取り扱っていないようですが、私はホームセンターで2kg入りを買いました。気になる人は大きめのホームセンターでぜひ探してみてください。

 

f:id:afugoro:20170127101837j:image

新・魚焼の達人(2kg)たっぷり入っています。中身は「国産天然ゼオライト」または「沸石(ふっせき)」と呼ばれる天然の鉱石。

ゼオライト(沸石)の効果

  • 遠赤外線効果 … 炭火焼きに近い遠赤効果で美味しく焼ける
  • 消臭効果 … 嫌な臭いを消してくれる
  • 調湿効果 … グリル内の湿度を調節してくれる

温まったゼオライトの熱で、上からも下からも焼いてくれるんでしょう。炭火焼きに近い遠赤効果があると聞いただけでも期待が高まります。

使用方法

  • グリルの受け皿にアルミ箔を敷き、「新魚焼の達人」を厚さ1cmに均一に敷いてください。水を入れる必要はありません。(アルミ箔を敷くと後始末が簡単です。)
  • 使用済みの「新魚焼きの達人」は燃えないゴミとして捨ててください。本品は天然鉱物で、肥料効果がありますので、庭先等土のあるところに戻すことが出来ます。
  • 使用回数は5回~8回を目安にして下さい。

出典:ゼオライト化成株式会社

捨てる時どうしよう。

…と心配だったんですが燃えないゴミとして捨てられるのですが、なんと!この「新・魚焼の達人」使用後は、

肥料になる。そうです。

理屈な… 庭や畑を持つ人に朗報ですね。

 

f:id:afugoro:20170127101902j:image

グリルの受け皿にアルミ箔を敷いて、その上に「新・魚焼の達人」を1cm程度の厚さで敷き詰めます。均一になるように馴らすのがポイント。

 

f:id:afugoro:20170127101920j:image

こんな感じ。見た目もきれいで美しいですね。

 

アジを焼いてみた!

f:id:afugoro:20170127101935j:image

魚を焼く時、私の脳裏にいつも
海腹・川背 と浮かぶんですが、ソースはりません。海の魚はお腹から、川の魚は背中から焼くようにしています。今回はアジなので海の魚。横になっていますが…切った側から焼いてみます。

 

f:id:afugoro:20170127101951j:image

カリカリッ!いい感じに焼けました!

 

どかしてみると…

f:id:afugoro:20170127102003j:image

魚の脂が多少落ちていますが、濡れた感じはありません。

 

 

グリルに水を入れる。ここが嫌だった!

  • グリルを開けた時に汚れた水がこぼれる
  • 掃除が面倒
  • 魚から余分な水分が出て汁だらけになる

ゼオライトを知るまでは、受け皿に水を入れ、アルミ箔を敷いた上に魚を乗せ焼いていました。そうすると、魚の汁がアルミ箔の上に溢れ出ていたり、脂ギトギトの受け皿の水が臭ったり、掃除も面倒で、正直焼魚をするのが嫌だったのですが、ゼオライト使用後はカラリとして臭いも気にならない。なにより魚がパリッとカリッと焼ける。

これはもっと早くに買っておくべきアイテムだったと実感しました!

 

f:id:afugoro:20170127102023j:image

照明の加減で、あまり上手く写真が撮れませんでしたけど、なかなか美味しい焼き加減でした。

 

ゼオライトは優秀な鉱石

「新・魚焼の達人」に限らず、ゼオライトを使った商品はいろいろ出ています。熱帯魚を飼っている方は水槽に入れていたり、知っている人は多いようですね。

Twitterでも「私、これ使ってます!」という声があったので、主婦の間ではメジャーだったのかな。もっと早く知っておきたかったと悔やまれます。

8回ほど使用した後は肥料にリサイクル。
それまでにどれだけゼオライトが汚れていくのか、気になる点があれば都度追記していきます。

広告を非表示にする